車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択

車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択

車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が相当重要だということを知っておきましょう。


と言うのも、中古車の査定額はどこでも同じにはならないので、しばしば、少しどころではない査定額の差が出てしまうことになります。そういった事情がありますので、少しでも得するために、査定額を高くつけてくれるところを探さなければなりない、ということです。

こういった場合に大変便利なのが、一括査定サイトです。手間をかけることなく、いくつもの業者に同時に査定を依頼できます。中古車の査定についてよく言われることですが、一つの会社にのみに査定を任せてしまうのがおすすめできない訳はそことは違う業者を選んでいたなら車にもう少し高い査定額がついていた可能性を否定できないからなのです。近頃はインターネットを使うことで複数の業者に査定してもらって一括で見積もり額を見せてもらうことができるようになっています。
いくらか時間はかかってしまうことになりますが、多数の業者による査定を受けておくことで査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。車の査定では走った距離が少ない程に査定の額が高くなります。
走行した距離が長い方が車が劣化するからです。そうはいっても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとサギとなるので、走った分はもうどうしようもないです。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。

車を売るときには他社のパーツを付けている車はなぜか価値が下がってしまうので純正の部品に戻すようにしてください。ただし、メーカーのパーツに戻すのに工事費がかかる場合は、戻す金額よりも工事費のほうが高くつく見込みがあるため戻さずに今のまま査定依頼をしたほうがいいですね。オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりその状態はまちまちですから、詳細な見積額というのは車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。



そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、前もって知っておくと良いでしょう。
中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。



黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、車の評価が高くなることは望めないでしょう。


流行のボディカラーだとしても、買取から売却の間に流行が廃れているかも知れないからです。一般的に年度末で決算でもある3月や真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車の販売は好調です。
業者の意図としては期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。ですから査定金額も自然と上向きになります。

今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、9月というのはまさに売り時です。

一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

愛車をできるだけ高い価格で売却するには、どのくらいで買い取ってもらえるのか調べるのがよいやり方です。最近はネットで容易に一気に買い取り査定を受けることができます。

初めに必要事項を入れて申し込むだけで、多くの業者から買い取り価格を調べることができます。数社の中で一番査定額がよかった会社に売却するのが賢明です。一般的に中古車を見積もりする場合には、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。



自動車修理の技術が優れていなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。
自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いわけではありませんから気をつけてください。きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。



車を手放す際には、車査定とディーラー下取りのどちらかを選択する方が多いと思います。
どちらの買取額が高いかというと車の状態や車種、需要の高いものであれば、買取額が高い可能性のある車査定を選ぶと良いでしょう。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。
新車の値引きを含んだものが提示されるケースも少なくないので、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。

これまで述べたように、ディーラー下取りよりも車査定を選んだ方が高く買い取ってくれることが多いようです。

About the author